3 内容の取扱い

https://w3id.org/jp-cos/82G02D5000000000

Details

Course Of Study
Elementary School Curriculum Guideline 2017-03 Notification
Course Of Study Revision
Elementary School Curriculum Guideline 2017-03 Notification
Source
【82V11】Code for Elementary School Course of Guideline published in 2017, version 1.1 (2021-08-20 release)
Item Number
Number
3246
Source
【82V11】Code for Elementary School Course of Guideline published in 2017, version 1.1 (2021-08-20 release)
Type
Line Number
Description of Course Of Study Item
3 内容の取扱い
Code of Course of Study Item
82G02D5000000000
Issued Period
Published from 2017 to 2019
Type of School
Elementary School
Subject Area
Physical Education
Category
目標及び内容(大項目)
Grade
5
6
Sub Category
内容の取扱い
Edition of Course Of Study Item
一部改正なし
Fcode of Course of Study
A8A2UGA0A2UDA5A0A0A0A0A0A0A0A0A0
Child
(8) 内容の「G保健」の(3)のアの(エ)の薬物については,有機溶剤の心身への影響を中心に取り扱うものとする。また,覚醒剤等についても触れるものとする。
(1) 内容の「A体つくり運動」については,2学年間にわたって指導するものとする。また,(1)のイについては,体の柔らかさ及び巧みな動きを高めることに重点を置いて指導するものとする。その際,音楽に合わせて運動をするなどの工夫を図ること。
(2) 内容の「A体つくり運動」の(1)のアと「G保健」の(1)のアの(ウ)については,相互の関連を図って指導するものとする。
(3) 内容の「C陸上運動」については,児童の実態に応じて,投の運動を加えて指導することができる。
(4) 内容の「D水泳運動」の(1)のア及びイについては,水中からのスタートを指導するものとする。また,学校の実態に応じて背泳ぎを加えて指導することができる。
(5) 内容の「Eボール運動」の(1)については,アはバスケットボール及びサッカーを,イはソフトバレーボールを,ウはソフトボールを主として取り扱うものとするが,これらに替えてハンドボール,タグラグビー,フラッグフットボールなどア,イ及びウの型に応じたその他のボール運動を指導すること...
(6) 内容の「F表現運動」の(1)については,学校や地域の実態に応じてリズムダンスを加えて指導することができる。
(7) 内容の「G保健」については,(1)及び(2)を第5学年,(3)を第6学年で指導するものとする。また,けがや病気からの回復についても触れるものとする。
(9) 各領域の各内容については,運動領域と保健領域との関連を図る指導に留意すること。
Section Number
3
Hierarchical Section Numbers
第1章 / 第2章 / 第9節 / 第2 / 〔第5学年及び第6学年〕 / 3
Text
内容の取扱い
Type
Course Of Study Item

Referred resources

Referred to as 'Child' from:
〔第5学年及び第6学年〕