(1) 言葉の特徴や使い方に関する次の事項を身に付けることができるよう指導する。

https://w3id.org/jp-cos/82102D3110000000

詳細情報

学習指導要領
小学校学習指導要領 2017年3月 告示
学習指導要領(一部改正情報)
小学校学習指導要領 2017年3月 告示
出典
【82V11】小学校学習指導要領コード 平成29年告示:バージョン1.1 (令和3年8月20日公表)
項番
項番
229
出典
【82V11】小学校学習指導要領コード 平成29年告示:バージョン1.1 (令和3年8月20日公表)
Type
項番
学習指導要領テキスト
(1) 言葉の特徴や使い方に関する次の事項を身に付けることができるよう指導する。
学習指導要領コード
82102D3110000000
告示時期
平成29~31年 告示
学校種別
小学校
教科等
国語
大項目
目標及び内容(大項目)
学年
5
6
項目
内容
改正情報
一部改正なし
F学習指導要領コード
A8A2A1A0A2UDA3A1A1A0A0A0A0A0A0A0
ア 言葉には,相手とのつながりをつくる働きがあることに気付くこと。
イ 話し言葉と書き言葉との違いに気付くこと。
ウ 文や文章の中で漢字と仮名を適切に使い分けるとともに,送り仮名や仮名遣いに注意して正しく書くこと。
エ 第5学年及び第6学年の各学年においては,学年別漢字配当表の当該学年までに配当されている漢字を読むこと。また,当該学年の前の学年までに配当されている漢字を書き,文や文章の中で使うとともに,当該学年に配当されている漢字を漸次書き,文や文章の中で使うこと。
オ 思考に関わる語句の量を増し,話や文章の中で使うとともに,語句と語句との関係,語句の構成や変化について理解し,語彙を豊かにすること。また,語感や言葉の使い方に対する感覚を意識して,語や語句を使うこと。
カ 文の中での語句の係り方や語順,文と文との接続の関係,話や文章の構成や展開,話や文章の種類とその特徴について理解すること。
キ 日常よく使われる敬語を理解し使い慣れること。
ク 比喩や反復などの表現の工夫に気付くこと。
ケ 文章を音読したり朗読したりすること。
節番号
(1)
節番号(階層)
第1章 / 第2章 / 第1節 / 第2 / 〔第5学年及び第6学年〕 / 2 / 〔知識及び技能〕 / (1)
テキスト
言葉の特徴や使い方に関する次の事項を身に付けることができるよう指導する。
Type
学習指導要領の細目

被参照情報

'子'としての参照元:
〔知識及び技能〕