エ イの(ウ)の「惑星」については,大きさ,大気組成,表面温度,衛星の存在などを取り上げること。その際,地球には生命を支える条件が備わっていることにも触れること。「恒星」については,自ら光を放つことや太陽もその一つであることを扱うこと。その際,恒星の集団としての銀河系の存在にも触れ...

https://w3id.org/jp-cos/7362235740000000

詳細情報

学習指導要領
中学校学習指導要領 2008年3月 告示
学習指導要領(一部改正情報)
中学校学習指導要領 2008年3月 告示
中学校学習指導要領 2010年11月 一部改正
中学校学習指導要領 2015年3月 一部改正
出典
【73V11】中学校学習指導要領コード 平成20年告示:バージョン1.1 (令和3年12月28日公表)
【73V21】中学校学習指導要領コード 平成22年告示:バージョン2.1 (令和3年12月28日公表)
【73V32】中学校学習指導要領コード 平成27年告示:バージョン3.2 (令和3年12月28日公表)
項番
項番
848
出典
【73V32】中学校学習指導要領コード 平成27年告示:バージョン3.2 (令和3年12月28日公表)
Type
項番
項番
842
出典
【73V11】中学校学習指導要領コード 平成20年告示:バージョン1.1 (令和3年12月28日公表)
Type
項番
項番
842
出典
【73V21】中学校学習指導要領コード 平成22年告示:バージョン2.1 (令和3年12月28日公表)
Type
項番
学習指導要領テキスト
エ イの(ウ)の「惑星」については,大きさ,大気組成,表面温度,衛星の存在などを取り上げること。その際,地球には生命を支える条件が備わっていることにも触れること。「恒星」については,自ら光を放つことや太陽もその一つであることを扱うこと。その際,恒星の集団としての銀河系の存在にも触れること。「太陽系の構造」における惑星の見え方については,金星を取り上げ,その満ち欠けと見かけの大きさを扱うこと。また,惑星以外の天体が存在することにも触れること。
学習指導要領コード
7362235740000000
告示時期
平成20~21年 告示
学校種別
中学校
教科等
理科
分野・科目・分類
第2分野
大項目
目標及び内容(大項目)
学年
3
項目
内容の取扱い
改正情報
一部改正なし
F学習指導要領コード
A7A3A6A2A2A3A5A7A4A0A0A0A0A0A0A0
節番号
節番号(階層)
第1章 / 第2章 / 第4節 / 第2 / 〔第2分野〕 / 3 / (7) / エ
テキスト
イの(ウ)の「惑星」については,大きさ,大気組成,表面温度,衛星の存在などを取り上げること。その際,地球には生命を支える条件が備わっていることにも触れること。「恒星」については,自ら光を放つことや太陽もその一つであることを扱うこと。その際,恒星の集団としての銀河系の存在にも触れること。「太陽系の構造」における惑星の見え方については,金星を取り上げ,その満ち欠けと見かけの大きさを扱うこと。また,惑星以外の天体が存在することにも触れること。
Type
学習指導要領の細目