ウ 内容のCの(1)のアの(ア)については,キャッシュレス社会が家計に与える利便性と問題点を扱うこと。(イ)については,将来にわたるリスクを想定して,不測の事態に備えた対応などについて具体的な事例にも触れること。(2)のアの(イ)については,多様な契約やその義務と権利を取り上げると...

https://w3id.org/jp-cos/84F2505230000000

詳細情報

学習指導要領
高等学校学習指導要領 2018年3月 告示
学習指導要領(一部改正情報)
高等学校学習指導要領 2018年3月 告示
出典
【84V10】高等学校学習指導要領コード 平成30年告示:バージョン1.0 (令和2年10月16日公表)
項番
項番
3237
出典
【84V10】高等学校学習指導要領コード 平成30年告示:バージョン1.0 (令和2年10月16日公表)
Type
項番
学習指導要領テキスト
ウ 内容のCの(1)のアの(ア)については,キャッシュレス社会が家計に与える利便性と問題点を扱うこと。(イ)については,将来にわたるリスクを想定して,不測の事態に備えた対応などについて具体的な事例にも触れること。(2)のアの(イ)については,多様な契約やその義務と権利を取り上げるとともに消費者信用及びそれらをめぐる問題などを扱うこと。(3)については,生活と環境との関わりを具体的に理解させることに重点を置くこと。
学習指導要領コード
84F2505230000000
告示時期
平成29~31年 告示
学校種別
高等学校
教科等
家庭
分野・科目・分類
家庭総合
大項目
各科目
項目
内容の取扱い
改正情報
一部改正なし
F学習指導要領コード
A8A4UFA2A5A0A5A2A3A0A0A0A0A0A0A0
節番号
節番号(階層)
第1章 / 第2章 / 第9節 / 第2款 / 第2 / 3 / (2) / ウ
テキスト
内容のCの(1)のアの(ア)については,キャッシュレス社会が家計に与える利便性と問題点を扱うこと。(イ)については,将来にわたるリスクを想定して,不測の事態に備えた対応などについて具体的な事例にも触れること。(2)のアの(イ)については,多様な契約やその義務と権利を取り上げるとともに消費者信用及びそれらをめぐる問題などを扱うこと。(3)については,生活と環境との関わりを具体的に理解させることに重点を置くこと。
Type
学習指導要領の細目