② 言語の働きに関する事項 言語活動を行うに当たり,例えば,次に示すような言語の使用場面や言語の働きの中から,五つの領域別の目標を達成するためにふさわしいものを取り上げ,有機的に組み合わせて活用するようにする。

https://w3id.org/jp-cos/84H1503222000000

詳細情報

学習指導要領
高等学校学習指導要領 2018年3月 告示
学習指導要領(一部改正情報)
高等学校学習指導要領 2018年3月 告示
出典
【84V10】高等学校学習指導要領コード 平成30年告示:バージョン1.0 (令和2年10月16日公表)
項番
項番
2811
出典
【84V10】高等学校学習指導要領コード 平成30年告示:バージョン1.0 (令和2年10月16日公表)
Type
項番
学習指導要領テキスト
② 言語の働きに関する事項 言語活動を行うに当たり,例えば,次に示すような言語の使用場面や言語の働きの中から,五つの領域別の目標を達成するためにふさわしいものを取り上げ,有機的に組み合わせて活用するようにする。
学習指導要領コード
84H1503222000000
告示時期
平成29~31年 告示
学校種別
高等学校
教科等
外国語
分野・科目・分類
英語コミュニケーションI
大項目
各科目
項目
内容
改正情報
一部改正なし
F学習指導要領コード
A8A4UHA1A5A0A3A2A2A2A0A0A0A0A0A0
ア 言語の使用場面の例
イ 言語の働きの例
節番号
節番号(階層)
第1章 / 第2章 / 第8節 / 第2款 / 第1 / 2 / 〔思考力,判断力,表現力等〕 / (3) / ②
テキスト
言語の働きに関する事項 言語活動を行うに当たり,例えば,次に示すような言語の使用場面や言語の働きの中から,五つの領域別の目標を達成するためにふさわしいものを取り上げ,有機的に組み合わせて活用するようにする。
Type
学習指導要領の細目

被参照情報

'子'としての参照元:
(3) 言語活動及び言語の働きに関する事項