(2) 〔学級活動〕については,学校,生徒の実態及び第1章総則の第4の3の(2)に示す道徳教育の重点などを踏まえ,各学年において取り上げる指導内容の重点化を図るとともに,必要に応じて,内容間の関連や統合を図ったり,他の内容を加えたりすることができること。また,個々の生徒についての理...

https://w3id.org/jp-cos/73N0300220000001

詳細情報

学習指導要領
中学校学習指導要領 2008年3月 告示
学習指導要領(一部改正情報)
中学校学習指導要領 2015年3月 一部改正
出典
【73V32】中学校学習指導要領コード 平成27年告示:バージョン3.2 (令和3年12月28日公表)
項番
項番
1657
出典
【73V32】中学校学習指導要領コード 平成27年告示:バージョン3.2 (令和3年12月28日公表)
Type
項番
学習指導要領テキスト
(2) 〔学級活動〕については,学校,生徒の実態及び第1章総則の第4の3の(2)に示す道徳教育の重点などを踏まえ,各学年において取り上げる指導内容の重点化を図るとともに,必要に応じて,内容間の関連や統合を図ったり,他の内容を加えたりすることができること。また,個々の生徒についての理解を深め,生徒との信頼関係を基礎に指導を行うとともに,生徒指導との関連を図るようにすること。
学習指導要領コード
73N0300220000001
告示時期
平成20~21年 告示
学校種別
中学校
教科等
特別活動
大項目
指導計画の作成と内容の取扱い(大項目)
項目
区分なし
改正情報
一部改正(1回目)
F学習指導要領コード
A7A3UNA0A3A0A0A2A2A0A0A0A0A0A0A1
節番号
(2)
節番号(階層)
第1章 / 第2章 / 第5章 / 第3 / 2 / (2) / (2)
テキスト
〔学級活動〕については,学校,生徒の実態及び第1章総則の第4の3の(2)に示す道徳教育の重点などを踏まえ,各学年において取り上げる指導内容の重点化を図るとともに,必要に応じて,内容間の関連や統合を図ったり,他の内容を加えたりすることができること。また,個々の生徒についての理解を深め,生徒との信頼関係を基礎に指導を行うとともに,生徒指導との関連を図るようにすること。
Type
学習指導要領の細目